小金井公園ガイド

遊んで、歩いて、ごろ寝して... 小金井公園は都立公園、入場無料で一日遊べる都会のオアシス。
このブログで小金井公園のすばらしさを知ってぜひファミリーで訪れてくださいね。

2015年03月

小金井公園の桜 駒繋(こまつなぎ)です。

1503kom25
まだ蕾(3月25日)
IMGP9848
(3月30日)
駒繋(こまつなぎ)
  4月中旬ごろ咲く。
    
花弁は円形で、長さ2.5~3cmの最大級の大輪一重咲き
       白色で、全体にうねりのあるしわがあり、
          先端付近には切れ込みが多く見られる。
 
                     ~小金井公園の立札より抜粋
komatunagi150402 (2)
三分咲き(4月2日)
komatunagi150402 (1)
小金井公園西口から入るとすぐのところ、左右に植わっているのがこの駒繋です。
komatunagi150402 (3)

もともとは京都の青蓮院にあったもので、親鸞聖人がこの桜の木に馬を繋いだという故事がこの名前の由来だそうで、品種としては太白(タイハク)と同じ。
komatunagi150402 (4)
花弁が大きくどっしりして、ゆるぎない気品があります。
komatunagi150402 (7)
西の入口にあって、小金井公園の顔といっていい、堂々とした桜です。まだ三分咲き。
komatunagi150402 (6)

個人的には最も好きな桜のひとつ。
komatunagi150402 (5)

komatunagi-(4)
4月9日、満開の駒繋です。花びらが特大サイズ。
komatunagi-(6)
とにかく、びっくりするほど大きな花びらです。
komatunagi-(10)

komatunagi-(11)









小金井公園の桜 子福桜(こぶくざくら)です。
150327kobuku-(3)


 
子福桜(こぶくざくら)  
    八重咲き白色の二季咲きの桜。
       子福桜の名前の由来は、ガクの中にめしべが7~8個入っていて、
          一輪の桜から複数個の果実をつけることから。
                    
コヒガンザクラとシナノミザクラの交雑種と考えられています。
150327kobuku-(7)
小金井公園西口から入って左前方のブロックの中ほどで2、3本見かけました。
150327kobuku-(4)
花弁の真ん中が緑っぽいですが、散り際には紅がかるそうです。



小金井公園の桜 淡墨桜(うすずみざくら)です。
IMGP8779
淡墨桜(うすずみざくら)
  散りぎわに淡い墨色を帯びることから、淡墨桜と呼ばれる。
    今をさかのぼること1500年ほど前に、継体天皇のお手植えともいわれる

       国指定天然記念物「根尾谷淡墨サクラ」の種子から育てた苗木を
          植樹した。               ~小金井公園の立札より抜粋
2015usuzumi327 (1)
いこいの広場の奥のほうがピンクっぽくなっています。早咲きの桜かなと思って行ってみました。
2015usuzumi327 (2)
小ぶりですが樹形がよく、この場所を好んでやってくる人も多いようです。 比較的若い桜の木が2本立っています。
2015usuzumi327 (3)
はなびらも小ぶり。それぞれの花は白っぽいです。遠くからはピンクっぽく見えたのに...。
実は開花が進むにつれて薄ピンクから白になり、散る間際はグレイッシュになるとのこと。
2015usuzumi327 (4)
岐阜県本巣市の古い株からおすそ分けいただいた木なんですが、元はといえば、江戸彼岸(エドヒガン)なのだそうです。 小金井公園桜の園には立彼岸(タチヒガン)の名で何本か植えられています。
3月27日
150402usuzumi
4月になると、もう花はおしまい。遠くから見たところは、以前のようなピンクっぽい色合いは消えて、やはりグレイッシュになっているように感じます。

↑このページのトップヘ