小金井公園ガイド

遊んで、歩いて、ごろ寝して... 小金井公園は都立公園、入場無料で一日遊べる都会のオアシス。
このブログで小金井公園のすばらしさを知ってぜひファミリーで訪れてくださいね。

2015年03月

小金井公園の桜 立彼岸(たちひがん)です。
150327tachihigan-(6)

立彼岸(たちひがん)  
    立彼岸(たちひがん)というのは江戸彼岸(えどひがん)の別称。
       ソメイヨシノより一週間ほど早く開花します。
          日本原産で、桜の原種のひとつ。ソメイヨシノの片親でもあります。
 
                     

1503tachihi
小金井公園西口から入って左前方へ向かっていくと、そこに2,3本あります。
150327tachihigan-(3)
すでに、ほぼ満開です。 まだまだ大きくなってほしい花。気品があります。
150327tachihigan-(2)
これをもとに、ソメイヨシノが作られたというのです。花数が豊富で、色めも過度でなくあって、なるほど...という感じです。
tachihigan
3月30日、満開中です。
150402tachihigan-(4)
早咲きの桜というのは4月に入ると早々に散ってしまいます。若葉が伸びて、ガクやおしべ・めしべだけになった花が多く見受けられます。ガクの色や形、ふくらみ具合を観察するににはいいですけど。
開花から一週間ほどの花の命でした。(4月2日)

小金井公園の桜 冬桜(ふゆざくら)です。

1503fuyuzakura (3)
冬桜(ふゆざくら)[小葉桜(こばざくら)]
  10月から12月にかけてと、春に二度花を咲かせる。
    冬の花は小花 柄も短く、梅の花のような白色で、一重咲き。

       マメザクラが片方で、もう片方はヤマザクラ(またはサトザクラ)。
          江戸時代から栽培されており、小葉桜とも呼ばれる。
                      ~小金井公園の立札より抜粋

どうも冬の花が終わって、春の開花前に来てしまったようです。開花は2、3輪。
1503fuyuzakura (2)


小金井公園の桜 衣通姫(そとおりひめ)です。

IMGP7510

衣通姫(そとおりひめ)
  花弁は広卵形 淡紅色で基部は色が淡くほとんど透き通る白色
    伊豆大島 大島公園のソメイヨシノの実生から生じた。
       
ソメイヨシノとオオシマザクラの自然交雑と思われる。
 
                     ~小金井公園の立札より抜粋
実は昨年この桜を見逃してしまったので、今年は真っ先に訪れたのですけど、3月23日現在、まだ蕾でした。

桜の下には紫花菜が咲いています。アブラナ科・オオアラセイトウ属で、ほんとの名前もオオアラセイトウ。別名ショカツサイ(諸葛菜:諸葛孔明が広めたという言い伝えにより)。

IMGP7541

sotoori150327 (9)

この「衣通姫」の場所は小金井公園東口からはいってユーカリの木の西方向。大きく枝を張ってどっしりしています。...


衣通姫が開花!


衣通姫がとうとう開花しました。ピュアな美しさに心打たれます。
 
sotoori150327 (6)3.27

この可憐な美しさを、絶世の美女衣通姫にちなんで命名したと思われます。 親がソメイヨシノとオオシマザクラなら、絶世の美女も当然ですよね。しかもソメイヨシノより丈夫なのだそうです。
sotoori150327 (19)3.27
衣通姫は本朝三美人の一人。その美しさは衣を通して光り輝くほどだったそうです。
sotoori150327 (23)3.27
満開の衣通姫です。
150330sotoori (1)
花いっぱいで、少々重たそうに風に揺らぐなよやかさがいいです。
150330sotoori (4)
ほとんど蕾は残っていないぐらい。今が見どき。
150330sotoori (3)
形はオオシマザクラに似て、たおやかな雰囲気はソメイヨシノですね。
150330sotoori (2)


↑このページのトップヘ