小金井公園ガイド

遊んで、歩いて、ごろ寝して... 小金井公園は都立公園、入場無料で一日遊べる都会のオアシス。
このブログで小金井公園のすばらしさを知ってぜひファミリーで訪れてくださいね。

2015年04月

小金井公園の桜 御衣黄(ぎょいこう)です。
20150415gyoiko (2)
御衣黄(ぎょいこう)  
    御衣黄(ぎょいこう)は、中輪、八重、色は黄緑色の遅咲きの桜。
       古くから知られたオオシマザクラ系の園芸品種。
                                

20150415gyoiko (4)
珍しい桜で、沖縄を除く百数十箇所で見られるなどと、書かれていたりします。小金井公園では、藤棚の南西角近くにあり、実は昨年から今年にかけて植えられたものです。
20150415gyoiko (1)
若い細木で、今年は咲くまいと思っていたのですが、突然開花を目撃して嬉しくなりました。
20150415gyoiko (3)
珍しい桜ですが、小金井では他に、武蔵野公園に数本、学芸大キャンパス、野川の鞍尾根橋近くの公園、あと場所は書けませんが民家の敷地内にすばらしい大木一本、そして、国分寺市になりますけど日立中央研究所の庭に、これまたすばらしい御衣黄の木があります。
20150415gyoiko (5)
(4月15日)

小金井公園の桜 霞桜(かすみざくら)です。


霞桜(かすみざくら)
  花期: 4月上~中旬
    ヤマザクラに似ていますが、やや花の咲くのが遅い一重の桜で、

       花柄・葉柄に有毛。
                                ~小金井公園の立札より抜粋
霞桜は山桜、大島桜同様自生種の桜なのでした。

一株に2、3輪開花、一分咲きというところです。
yokihi-(8)
若木ですが、なかなかの人気のようで、つぼみだけなのにゆっくり眺めて行く人が多いです。(4月9日)

霞桜(カスミザクラ)満開

20150415kasumi (3)

気が付くと、公園中に霞桜は散在していて、それも大木で、頭上はるか上で、いま満開中なのでした。
20150415kasumi (2)

ヤマザクラ、ソメイヨシノ、オオシマザクラなどがほぼ終わったあと、大きな木で白っぽく、さほど派手でもなく、満開なのはこの霞桜です。(4月15日)




藤の花というと、ゴールデンウィーク。もう1か月もないので、藤棚をチェックにいったところ...。
20150415fuji
元気に成長中です。
小金井公園の藤棚というと、江戸東京たてもの園の中(入場料がいります)、江戸東京たてもの園へのアプローチの西側(桜の園の東側で宿根草園の北側)、それから、わんぱく広場の北、「健康広場」と「槻(つき)の木広場」の境目あたり。この三か所を把握していますが、他にもあったかも。

他でいつもチェックする場所としては、小金井市内では三楽公園、学芸大、
市外では、昭和記念公園、神代植物園、殿ヶ谷戸庭園あたり。あとはいろんなお寺など...
例年なかなか藤の花見物ができきれないうちにシーズンが終わってしまいます。
(殿ヶ谷戸公園では4月18日開花していましたよ)

藤(フジ)が開花

IMGP4457
槻(つき)の木広場のフジが開花中です。
IMGP4459
ゴールデンウィークにタイミングが合いそうです。
IMGP4451
クラシックな美しさを感じさせられます。



少し追いかけて、宿根草園の北側の大きな藤棚でも、開花が進んでいました。
ゴールデンウィークの一日、このフジを見ながらお弁当を広げるというのもよさそうですね。
IMGP4776
蜂がぶんぶん飛んでいるので、お気をつけくださいね。 
IMGP4782
(4月22日)

ゴールデンウィーク中のフジ

IMGP5460

ゴールデンウィーク中は、一度だけしか小金井公園に行きませんでした。駐車もたいへんですし、もたもたしているうちに駐車代金もかさみます。
IMGP5463
この日は、わんぱく広場で幼児を遊ばせるために朝早めにでかけました。槻の木広場のほうのフジです。ずっしりたわわに、満開を続けていました。





↑このページのトップヘ