小金井公園の桜 鬱金(うこん)です。
ukon-(3)
鬱金(うこん)
   花弁の色が淡い黄緑色の園芸品種。
  蕾は淡紅色で、開花すると淡黄緑色、散る間際の花弁の中心部は紅色。

       ショウガ科ウコンの根で染めた色に似ているのが命名の由来。

  御衣黄との違いは、
色が単一で濃淡差が少なく、紅い線条もない。
      
           
                        ~小金井公園の立札より抜粋

鬱金の木は、小金井街道側にある西側入り口のうち、一番南(武蔵小金井駅にちかい方)から入ってすぐの若木。
ukon-(2)
緑がかった薄黄色がうっすら分かります。 花びらに葉緑体があるせいなのです。葉っぱはヤマザクラふうですね。大輪の八重桜なのですが、ちと遠い。
ukon-(4)
数百種もある桜のうち、唯一黄色の花を咲かせる桜として人気があります。(4月9日)


4月ももう半ばです。鬱金というのは満開なのか、満開を過ぎているのかよくわからないままです。特に花数が増えたようにも思えません。
20150415ukon (1)

お天気がいいので2、3枚写してみました。
20150415ukon (2)
(4月15日)
PR