小金井公園ガイド

遊んで、歩いて、ごろ寝して... 小金井公園は都立公園、入場無料で一日遊べる都会のオアシス。
このブログで小金井公園のすばらしさを知ってぜひファミリーで訪れてくださいね。

早咲きの桜

小金井公園の桜 冬桜(ふゆざくら)です。

1503fuyuzakura (3)
冬桜(ふゆざくら)[小葉桜(こばざくら)]
  10月から12月にかけてと、春に二度花を咲かせる。
    冬の花は小花 柄も短く、梅の花のような白色で、一重咲き。

       マメザクラが片方で、もう片方はヤマザクラ(またはサトザクラ)。
          江戸時代から栽培されており、小葉桜とも呼ばれる。
                      ~小金井公園の立札より抜粋

どうも冬の花が終わって、春の開花前に来てしまったようです。開花は2、3輪。
1503fuyuzakura (2)


PR

小金井公園の桜 寒桜(カンザクラ)です。

kanz201503 (2)



寒桜(カンザクラ)
  早春に咲く代表的な栽培品種
    カンヒザクラとヤマザクラとの種間雑種と考えられる。
       花弁は5枚、花径は2.5センチで、淡紅色から紅色と幅がある。
                      ~小金井公園の立札より抜粋
この寒桜は、小金井公園の北口あたりに静かに咲いていました。


kanz201503 (4)


早咲きですから、もうピークを越えて、紅いガクだけというのも多いのですが、その紅色がまたいいなと思えます。

kanz201503 (1)


花びらは白っぽく、高い枝にあるので濃い松の緑を背景にしたほうがよく映ります。
kanz201503 (3)

一週間後、ソメイヨシノが咲き始めたころには、寒桜はほとんど終わり。
1503kanzakura27-(5)
3月中に終わってしまう花なのでした。
1503kanzakura27-(6)


1503kanzakura27-(3)
 
 

PR

小金井公園の桜 寒緋桜(カンヒザクラ)です。


IMGP7532

寒緋桜(カンヒザクラ)
  花期:3月中旬から4月上旬
    花は濃紅紫色で 鐘状に下垂します。
       ばらばらにならずに散ります。
                      ~小金井公園の立札より抜粋
この寒緋桜は、公園の東側テニスコートの北のすこし高いところ。


IMGP7527

鮮やかで濃い紅色が、遠くからでも寒緋桜と分かります。

IMGP7526

緋寒桜とも言うんですね。桜の原種のひとつです。
IMGP7528

この寒緋桜、SLの展示場周辺にはもっといっぱい咲いているんです。
150327kanhi (2)
こちらの寒緋桜は、気のせいか、ピンクの色合いが少々薄いです。 汽車ぽっぽ好きのお子さんでもいらっしゃれば、このあたりでのピクニックもありですね。
150327kanhi (1)
鳥たちがいっぱいきてさえずっていました。空の向こうには飛行機も見えましたけど、小さすぎてカメラで捉えきれてなかったです。 
150327kanhi (3)
(3月27日)
 

PR

↑このページのトップヘ